« アジア旅行ブログしてました | Main | ナルニア ハッピーセット(苦い勝利) »

February 28, 2006

ナルニアへの帰還

mac_lucy_001mac_lucy_002ナルニアぶろぐ復活します。
しばらくさぼってたら街はナルニア一色に。
まさかマクドナルドの景品になろうとはね・・・
最初は光の子(ルシア):ルーシー。
シリーズを通じての主人公。
優しく素直で純真で、まさに聖少女ですが、
こういう女の子をいじめたくなるエドマンドの心情も理解できちゃうんだよな。

全部そろえるつもりですが、あのポテトだけは勘弁してくれ。

Thanks to Journal ~Strive to be Happy~

|

« アジア旅行ブログしてました | Main | ナルニア ハッピーセット(苦い勝利) »

Comments

衣装タンスの向こうから、お帰りなさい。
(ん?逆かな)

アァ~、知らなかった。
_| ̄|○
第一弾は2日までじゃないですかぁ!
4回も食べれない。。。。

ナルニアは仕事休んででも、早めに観にいこうと思っていますよー。(笑)

Posted by: イメカ | March 01, 2006 12:13 AM

2日までなんですよねー・・・・
ルーシー、タムナスさん、エドマンドはそろえましたが、あの「ハッピーセット」ってのは凶悪ですよ。
ハンバーガー+飲み物+ポテト。
飲み物は野菜ジュース、チーズバーガーはパスしてもポテトはどこまでも追ってくる・・・
今日のポテトは職場の若い方に差し上げました。

Posted by: うらしま | March 01, 2006 01:01 AM

ナルニア観てきました~◎

ハッピーセットのビーバーさんが欲しくてたまらなくなって買いに行ったのに、よりによってビーバーさんだけがなくなってました(´`;)

他の店も回ろうと思いましたが、確かにハッピーセットのまとめ買いはきついです。

Posted by: しまじょみ | March 01, 2006 04:45 PM

しまじょみさん、戦いはまだこれからです!
あと一日ありますって。

とは言ってもハッピーセットのまとめ買いは『生物学的に』自殺行為かもしれませんね。
捨てるのはちょっとできませんし(泣)

Posted by: うらしま | March 02, 2006 01:39 AM

うらしまさん、初めまして。トラックバックありがとうございました。
ナルニアは思ったより良かったです。
私は指輪熱烈ファン数十年なので(笑)、Lotr(映画ロードオブザリング)の辛い思いがあって、ナルニア映像に腰がひけてました。
タムナスさんの笛と音楽に感心しました。
音楽は、「キングダムオブヘブン」の人なのでどこかで聞いたような?と思う音があり、後でああ、そうかーと思った次第。そのひとつがタムナスさんの笛です。

うらしまさんのブログも遡って拝見しますね、
またどうぞ拙宅へもおこしくださいませ、そして別館へも。お待ちしてます。

Posted by: crann | March 08, 2006 09:47 PM

crann様、コメントありがとうございます。
映画のサントラ盤を買って聞いていますが、けっこう気に入っています。
特にエンディングテーマのWunderkindは”ルーシィのテーマ”ですね。
最初の1フレーズが大好きです。

コアな指輪物語のファンなのですね!
トールキンとルイスは途中で袂をわかちましたが、僕は「よい・わるい」ではなく「ちがい」だと思っています。
この先、ゲド戦記も映像化されますしあれこれ目を離せない日々が続きそうです。

Posted by: うらしま | March 09, 2006 12:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ナルニアへの帰還:

» 悲しみハッピーセット [しまじょみの巣]
マクドナルドのハッピーセットは、現在「ナルニア国物語」なので、ビーバーさんを求めて行ってきました。 でもビーバーさんだけ大変な人気により品切れになっていました。 一気に人生の目的を失いました。 かわりに選んだタムナスさんは、マフラーの部分がなぜか笛になっていて、吹くと甲高い音がします。 前に書いた映画の感想↓↓ 2/25 「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」を観�... [Read More]

Tracked on March 01, 2006 04:38 PM

» ルイスとトールキン [foggyな読書]
いつまでも「世界ふしぎ発見」を引っ張ってごめんなさい。あともうちょっとだけ。 「ナルニア」の名前の由縁と、ルーシィがなぜルーシィなのかということを説明してましたが、そのネタもとは、たぶんこの本。 なぜピーターがピーターなのかということも書いてあります。 この本の著者は、日本の大学で英文学を教えているイギリス人神父。オックスフォードで学んだ人で、ありし日のC.S.ルイス教授とトールキン教授を見知っています。学生の目に映った2人はいろいろな面で対照的だったようです。 私にとって、今回... [Read More]

Tracked on March 18, 2006 09:23 PM

« アジア旅行ブログしてました | Main | ナルニア ハッピーセット(苦い勝利) »