« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月29日 (火)

"Blade Nano Qx" 到着!

2014_07_28_01  

やっと到着!待ちかねました。
 高度の”自己コントロール:self control”が可能だそうです。
 おそらくジェダイ製なのでしょう。
"Young Jedi"とか命名してしまいそうです。
 早く飛ばしたい!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年7月27日 (日)

お勉強ノート 1 Ersky9Xの基礎

1 通常送信機のスイッチは最初に入れて最後に切る。

  バインディングの時だけは逆
2 設定内容
  ①チャンネル 基本は4チャンネルにスロットル・ラダー・エルロン・エレベーター
  ②モード    スティックに対する「スロットル・ラダー・エルロン・エレベーター」の対応
           まさかモード3・4があるとは思わなかった。
  ③セーフティー スロットルのセーフシステム2種類
         a.シンプルにスロットルスイッチでエンジンカット
            b. 再起動にはスロットルレバーを最低にする必要あり。
3 ExpoとD/R   Expo 指数的カーブ 原点近くではゆるやか離れるほど文字通り
                        指数的に増大。
                        通常の係数はプラス
           D/R デュアル(トリプルレート) 
                        同一機体に複数の挙動(複数のカーブ)
                        離陸→上空などなど
Exponentialカーブの設定については次の日曜日にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Er 9Xへの道 4 「はじめてのErsky9x」 : First Step with Ersky9x

Turnigy 9XR Proは、「空飛ぶ回転ノコギリ」の操縦装置です。

ゲーム機みたいに「適当にスイッチ入れて動かして」みたいのは山々ですが、初心者用マニュアル( First Step with Ersky9x)は読んでおかないと。
何せ機体に一番近いのは自分なので、「事故」に合う可能性が一番高いのも自分です。
マニュアル通りにガチャガチャいじくってみましたが、何だコレ?
結論:RTFの操縦装置はエアコンのリモコン。9XR Proはマイコン。
それ以前に「エルロン」・「ラダー」って言葉で錯覚してたけど、クアッドコプターにはそんなモノは本当はない。
つまりそもとも機体事態が完全なブラックボックス
えーと、どうすりゃいいんだコレ?
I read through " First Step with Ersky9x".
And this manual made me understand my ignorance.
With the words "elevator","aileron" and so on, I did not understand "quadcopter" is the PERFECT BLACK BOX to me.
The controller of RTF is the reemote controller of DVD.
Turnigy 9XR Pro is the computer which I have to program.
But how?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月25日 (金)

ホバリング再修行 01

2014_07_24_02

 「真夜中の上空飛行」などなどで、あれこれ突っ走っていましたが...

「より高度な機体をめざすなら、まずはピルエットホバリング」との助言を頂き、またもやホバリング修行の日々です。
 考えてみたらこれって、とんでもない難易度では?
 まずはテールインから45°ずつのホバリングに挑戦中です。
 一番難しいのは「対面ホバリング」よりも「対面ホバリングから45°のホバリング」
 「 導きの書:: HELI FlIGHT TRAINING」でいう「心眼: Mind's Eye Perspective」というのがどうしても駄目。
 いいなあ、シミュレーターって何度でも墜落できて!!

I ordered "BLADE Nano qx".

But my mentor says "you had better not fly "BLADE Nano qx, now" .

"You must (at least) achieve Pirouette Hovering."

Good bye real flight.

Hello simulator again!

My grimoire "HELI FLIGHT TRAINIG" tells me to get the "mind's eye perspective".

Where is it ? And how can I get it?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月22日 (火)

Hubsan X4:思い切り上空飛行!

前から目をつけていた廃校の校庭で、Hubsan X4を思い切り飛ばしてきました。

まずは水平高速飛行、いやースピードスターです。
次に思い切り高度を取って標識灯LEDを頼りに上空飛行。
もう、なんというか昼間のストレスが吹っ飛んでいきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月21日 (月)

ER9X への道 4 "BLADE Nano Qx" データ取得

2014_07_21_01

ersky9xのテンプレートライブラリからなんとか "BLADE Nano Qx" テンプレートをなんとか送信機へコピー。

よ、よーーーーし、機体の注文だ。
(神様、ちゃんとバインドできますように・・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月20日 (日)

EX9Rへの道 3 PCとの接続に成功

2014_07_20_01

miniUSBケーブルでTurnigy 9XR PROとPCの接続に成功。

9XR PROにはEr9xのパチもんっぽいErsky9xが最初からインストールされていました。
ついでにPCとの通信ソフトもEepeのパチもんっぽいEepskyeをホビーキングからダウンロードして、送信機からの読み取り、書き込みもOK!
あとはBLADE Nano Qxのテンプレートを送信機に読み込ませる方法を勉強します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月19日 (土)

ER9X への道 2

Turnigy 9XR PROにはミニUSBジャックがついており、直接PCに接続できる。

えーと、それじゃあUSBaspプログラマーとかは買わなくてもよかったのかな?
まずは、インストールされてるファームウェアに使えるNano Qxのテンプレートをインストールするのを目標にします。
明日はソフマップでケーブルを買い物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月18日 (金)

ER9X への道 1

「見よう見まね」で9XR PROにER9XをインストールしようとUSBaspプログラマーを購入。

勇んでPCに接続しようとしたら、ジャックの形状がPROになったら変わっていました。
慌てて調べたらPROはPCへの接続方法が違うようです。
ホビーキングのディスカッション欄によると”sdカード”からのFWのインストールもできるとか・・・
先は長そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

対面ホバリング 開始 Hubsan X4

横ホバリングも比較的安定してきたので、いよいよホバリングの科挙:対面ホバリングを始めました。

結果:話したくありません。ほっておいてください(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

"Turnigy 9XR" + "ER9X" 開けてびっくり玉手箱 "er9x" It's the RC Linux.

2014_07_04_01

 「見よう見まね」のラジコンライフですが、(良い意味で)とんでもない領域に踏み込んでしまったようです。

"Turnigy 9XR" + "ER9X"を「合法的に通販クアッドを飛ばす手段」としか思っていませんでしたが、
これは下手をするとこれまでの常識を変えるモノ(というより考え)かも。
(「艦船プラモとRCマイクロヘリが好き!」様より引用)
 ”ER9Xのベースとなるのは安い送信機である。当然、性能は劣る。だがER9Xはこれをハイエンドに匹敵するものに、それどころか多くの面で凌駕するものに変えるのである。”
ああ、こいつら本気で世界を変える気だ。
これはラジコン版のLinusだよ・・・
今年の夏休みはこれに挑戦ですね。
(難しそうだけど・・・)

I bought Turnigy 9xr because It was cheap.
But it was more than that.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月13日 (日)

夜間飛行 横ホバリングの練習

2014_07_13_001

この日曜こそは「外で飛ばそう!」と思っていましたが、昨夜から昼まで風邪でダウン。

夕方から夜にかけて「リアルでの横ホバリング」の練習をしてきました。

結論 : Hubsan X4の6軸制御は素晴らしい

今度こそ横ホバリングできました。
これは半分以上は機体のおかげですね。
とにかく安定しているので「シミュレーターと違って」操作するまでの時間の余裕がありました。
(いつもの猫が見物してました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月11日 (金)

Turnigy 9XR PRO 到着 未知への旅立ち

2014_07_04_01

Hobby Kingから待望のTurnigy 9XR PRO が到着。

うっかりモジュールなしを発注したので、V949を飛ばすのはおあずけ。
そもそもマニュアルが入っていません。
嗚呼、これが「格安海外製品の醍醐味」?
先は長いです。
とりあえず、dsm2モジュールでv949を飛ばすのが無理らしいことはわかりましった。
FLYSKY規格のモジュールが必要なようです。
”スイッチを入れたらいきなり喋りだしたのにはたまげました”

| | コメント (3) | トラックバック (0)

横ホバリング クァッドの右が僕の右!

相変わらずの横ホバリング練習の日々ですが、テキストの「クァッドの右を自分の右」の境地には程遠いです。

どうしても、「自分視点の方向をクァッドの方向に翻訳してから」操作してます。

結果、「ズレが大きくなるので操作も大きく」なり、混乱→墜落してます。

シミュレーターじゃなかったら破産してますね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 9日 (水)

横ホバリング 不思議の国のクアッドコプター

2014_07_09_01

トリム調整でなんとか「その場で回るピルエット」になりました。
さぁ、「斜めホバリング」と「横ホバリング」!
「難しい」というより、「ヘンな感じ」。
「右手を上げようとすると、左足が上がる」ような感覚?
自分の感覚と現実が90°ずれてます。
思い切り頭脳が疲れます。
ほんとにできるのか?こんなコト。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 8日 (火)

これ、ピルエットじゃないよ・・・

2014_0707_01

「ピルエットができた!」と喜んでいたのですが、できてませんでした・・・・
一回転はしますが、「静止して一回転」になりません。
前後左右のどちらか(予測不可能)に「移動しながら一回転」してます」
嗚呼・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 6日 (日)

ピルエットホバリング → できちゃったよラダーターン! from the pirouette hovering to the accidental rudder turn

2014_07_06_01
エルロンターンで壁に突き当たっていた私への大先輩(というよりお師匠様)tiger22さんの御助言。

【ピルエットホバーの練習を(中略)この御利益は保証します。(^^)】

すごい御利益がありました。

1:シミュレーターでのピルエットホバーを繰り返しました。

2:「手放しホバリング」目指してトリム調整を繰り返しました。

3:トリムを逆に入れてしまいました。(機体は前進)

4:「LadyBugがいきなりゆっくり旋回を始めました」

  高度は一定、旋回半径は想像を絶する小ささです。(大興奮)

  あーっ、こういうことだったのか!! すごい、すごい!

5:いいから落ち着け、落ち着いて、ピルエットホバリングの練習しろ。

ありがとうございました。

Struggling to the aileron turn, I was advised to practice "pirouette hovering" in simulator.

I failed to adjust the elevator trim.

My "Lady Bug" began slow rudder turn.

SURPRISE!! THIS IS IT !!

Thank you, my mentor.!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 4日 (金)

旋回の練習 2 : the struggle for aileron turn

公園でエルロンターンにトライしてみましたが、もう何が何やら・・・

1:ラダー角が旋回の度合いを決定する。
2:
 a.ラダー大 → エルロン大 → 降下率大 → エレベーター大
 b.ラダー小 → エルロン小 → 降下率小 → エレベーター小
えーと、スロットルはこの方程式のどこに入るんだろう?
もっぺん、じっくりシミュレーターに戻ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

"喋って震える" Turnigy 9XR PRO 発注 "My

2014_07_04_01

大先輩 tiger22さんの御助言もあり、Turnigy 9XR PROをHobby Kingに発注しました。
なんでも"喋って震える"送信機だそうです。
びっくりのお値段は99ドルちょい。
JRのDSM2を詰める日本製送信機の十分の一のお値段!
いやっほー!
とは、いかないだろうなあ。
世の中、値段には意味がありますから。
だぶん、あれこれ勉強が必要になるだろうけどがんばります。
いつの日か、V252を合法的に・・・・
They say "It is ILLEGAL to fly your Wltoy V252 in Japan."
They say "It is ILLEGAL to fly BLADE Nano Qx in Japan."
OK. Every system has cracks.
I will fly WHAT I want to fly.
I got my bullet.
And thank you our pathfinder"(tiger22)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水)

旋回の練習 1 "struggle for the procedure turn"

2014_07_02_03

やはり、シミュレーターを使っていて良かった。

テキストだけでは何をやらなきゃいけないのか、わかりませんでした。
1:ラダーを左に移動、固定する。
2:エルロンを左に傾け
3:最後にエレベーターを手前に引く。
「2→3」一瞬でやると「愛機は旋回しながら操縦者に襲いかかってきました」
この「バンク」の感覚、「スロットルを微妙に上げる」、旋回半径がおかしくなったら「エルロンで調整」・・・・・
僕は生まれたこの方「歩いて」生きてきたせいか、「もろな3次元機動」は、めちゃめちゃ難しいです。
「ホバリングで前後左右・ななめ・上下に移動できるんだから別にいいじゃん!」
(いやいや、それじゃ風船と同じだよ・・・)
追記:やたらと墜落する原因がわかりました。
    ラダーを左に動かす時、無意識にスロットルをニュートラルに戻していました。
    墜落はしなくなりました。
    ヘンな円を描いて飛び去ります・・・・・
Without the simulator, I would have died more than 10 times today.
If I were a bird, I could do this easily.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JR DSM2 モジュール購入

2014_07_02

都内に出る用事があったので、「泣く子も黙る」スーパーラジコンさんに問い合わせたところ、「JR DSM2 モジュールならたくさんありますよ」とのお返事。

おお、これぞラジコンの開祖”ニコラ・テスラ様”のお導き。
早速、購入してきました。
店頭にあるDSM2モジュール装着可能な送信機は「10万円以上」でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Turnigy 9XR をやります。

いろいろありましたが、
1:機体 第三世代 クァッドコプター NANO QX
2:送信機 Turnigy 9XR + JRのインドアモジュール(DSM2)
正直言って、「Turnigy 9XR + JR インドアモジュール」というのは良くわかりませんが、おもしろそうです。
1:すごく安くて、すごく拡張性のあるハードウェアがTurnigy 9XR
2:たくさんの人が使っているのでこのTurnigy 9XRにはたくさんのモジュールがある。
3:JRのインドアモジュール(DSM2)というのを使えば「合法的に」、"BLADEのNANO QX"を使える。
4:世の中には”凝り性で反骨精神にあふれた奴”が多いらしい.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 1日 (火)

さよならV252

最初に自由自在に飛ばすことのできたこの機体が大好きです。

ただこのままこいつを飛ばしていると、こいつは「違法ラジコン機」という悪役キャラになってしまうのです。

「こいつを悪党にする前に」私を止めてくださった皆さんに感謝します。
電波法が改正されるまで、この機体は封印します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »