March 03, 2006

ペットの廃棄相次ぐ 鳥インフルエンザの恐怖から

love_birdsBBC:英国:無知とパニックからペットの鳥を捨てる人が増える(BBC)

「怖いから捨てる」:それはわかる。
でも、「感染源を生きたまま野放しにするな」(ホントはそうじゃないけど)

琵琶湖にピラニアを捨てる人と同じ発想。(奴らは生きて冬を越すぞ。越してほしい)

自分で殺す覚悟を持って欲しいです。
(生き物を飼うってのはそーゆーことだろ?)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 01, 2006

鳥インフルエンザ イラク少女死亡

requiescant_in_paceturkish_bird_flu_002国家が崩壊して、戦争状態で、宗教・人種・政治的偏見で人が死ぬような国での流行はWHO最悪のシナリオよりも最悪では?
(WHOはアフリカ難民キャンプでの流行を恐れている)
死亡した少女は、すでに鳥インフルエンザ感染者が確認されているトルコと、イランとの国境に近い、北部クルド自治区の住民だった。

僕が絶望的状況にあるゲリラ(レジスタンス)なら自分を「生きた生物兵器」にしてイラクの首都(またはアメリカの首都)に行きますね。
インフルエンザウィルスは宗教・人種・政治的信条で人を差別しません。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 12, 2006

日本の鳥インフルエンザ 世界中で報道

h5n2birdflu弱毒性鳥インフルエンザ(H5N2)に茨城、埼玉の養鶏関係者77人が感染していたことが判明。
血液中から抗体が検出されたため、症状が現れないまま直ったと思われる。
H5N2型の人への感染確認は世界初。

ロイターロシアのプラウダアルジャジーラなど世界中が伝えた。

弱毒性とはいえ突然変異したら危険という報道もあるが、恐ろしいのは養鶏場従業員の十五人は昨年、鶏の感染が判明した前後に感染した可能性が高いこと。

鶏に感染していたのが弱毒性ウィルスだったのはただの幸運、2004年に鳥インフルエンザ感染を隠していたニュースも改めて世界中で報道されている。
(写真は屠殺した鶏に石灰をかける関係者)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

December 02, 2005

鳥インフルエンザ 鳩に毒餌を・・・

pigeon_001ベトナム、ハノイ。
鳥インフルエンザの蔓延を防ぐため鳩などの野鳥の毒殺を開始。
「鳥インフルエンザの危険を最小限にするために、市内には鳥は一羽も残さない」と当局。
2003年以降の鳥インフルエンザの死者68人中42人はベトナム。

ヒトインフルエンザとの交雑による新型インフルエンザは数百万人単位の死者を出すと予測されている。
手段は選ばないというコトですね。

ブッシュ大統領は新型インフルエンザ感染者が出たらその街を軍隊を使い強制的に隔離する権限を要求しています
「鳥インフルエンザの危険を最小限にするために、市内には人は一人も残さない」ってことかい?

Continue reading "鳥インフルエンザ 鳩に毒餌を・・・"

| | Comments (9) | TrackBack (0)

October 21, 2004

鳥インフルエンザ 虎が大量死した動物園は

鳥インフルエンザにより虎23頭が死んだのは、チョンブリ地区の「スリ・ラチャ・タイガー・ズー:Sri Racha Tiger Zoo」(私設動物園)。
現在は閉鎖中です。

飼っている虎は400頭以上、エサは一日15トンの生の鶏でした。
なかなかスケールの大きな動物園だったようですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2004

鳥インフルエンザ 虎から人間への感染の可能性は?

WHOによると虎から人間への感染の心配は少ないそうです。

「鶏以外の動物からの感染の証拠はない。
 人間と鶏のように密接な接触があれば感染は起こりえるが、トラとの間にはそのような接触はない。」
 
「トラの体内における鳥インフルエンザの変異はあまりありえないし、あったとしても人間に害はないだろう。」

「我々が最もそして唯一恐れるシナリオは、ブタの体内におけるウィルスの変異だ。鳥インフルエンザとヒトインフルエンザの両方に感染しうるのはブタだけなのだから。」

| | Comments (4) | TrackBack (1)

October 19, 2004

虎23頭が鳥インフルエンザで死亡

加熱すれば安全なんだけど・・・

チョンブリの動物園の虎たち、エサの鶏が鳥インフルエンザだったためあえなくお陀仏に。

人間の皆さんはくれぐれも生で食べるのはよしましょうね。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 18, 2004

鳥インフルエンザ 人から人への感染は偶発的?

9月の「人から人への感染」とされた事例は偶発的とWHOは発表しています。

鳥インフルエンザの発生がワン・ペア1なら、鳥から人への感染はフルハウス?

ロイヤルストレートフラッシュ(=パンデミック)にならないうちにゲームが終わるといいのですが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2004

鳥インフルエンザ 残酷な童謡

1918年に世界を襲ったスペイン風邪の死者は2000万から4000万人。

怯える子供たちの間にはやったのがこんな歌。

わたしは小鳥をつかまえた。
小鳥の名前はエンザというの。
私が窓をあけたなら
エンザが窓から飛び込んできた!

I had a little bird.
Her name was Enza.
I opened the window.
And in flew Enza!

最後のin flew Enza!はインフルエンザですね。

この歌は伝播速度の速さと空気感染をあらわしています。

でも、新型インフルエンザが鳥に起因することは知らなかったはずなのになぜ飛び込んできたのが小鳥だったんでしょうね?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

鳥インフルエンザ 感染する鳥は?

WHOのファクトシート

「すべての鳥は鳥インフルエンザの感染を受けると考えられるが、種の中には他の種よりも感染に抵抗力をもっているものもある」

そういや日本でもカラスに感染してたって騒いでましたね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)