March 10, 2005

タイ津波 女子大生ボランティア誘拐

地元大学のボランティアArunswasdi Pachraさんが先週24時間行方不明になりました。
無事戻りましたがその後奇怪な展開に。
「死体の身元確認の方法を尋問された」だけだそうです。
彼女は法務省監察医ポーンティップ女史のボランティアチームで活動していましたが、警察組織は身元確認作業の主導権をポーンティップ女史のチームから奪い取ったばかり。
「誰とは言わないけれど来れば教えてあげるのに。」とはポーンティップ女史の言葉。

Thanks to "がびのテラス"様

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 09, 2005

タイ津波 なぜ警報を出さなかったのか?(は公表されない)

津波到達までに1時間あった。
警報を出さなかったタイ政府に対し犠牲者の家族(ドイツとオーストラリア)が訴訟を起こしている。
タイの調査委員会トップSmith Tham-masaroj 氏は、
「愛国の至上からこの件は秘匿する。報告書は書かない。」と(地元英字紙 The Nation)
彼は訴訟に負けたら何百万バーツも失われると付け加えた。

Continue reading "タイ津波 なぜ警報を出さなかったのか?(は公表されない)"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 02, 2005

タイ津波 ボランティアは用済み?

復興がすすめばボランティアは用済み?
「これからは労働ビザを取得しない海外からのボランティアは逮捕」と当局。
これが死体の腐臭の中での無償の努力に対する報酬?
(Bangkok Post 2005.03.03)

| | Comments (2) | TrackBack (0)